葬儀の流れをチェック【一連のセレモニーを効率よく行う】

お別れの形はそれぞれに

合掌する人

選び方は遺族の思いで

大切な人が亡くなったときに、残された遺族はどのような葬儀を行うのかを選ぶことになります。葬儀は、遺族が故人の死という事実と向き合い、それを受け入れるための儀式です。そのため、遺族が故人の旅立ちをどのように見届ければ納得でき、心の区切りをつけることができるのかを考えて選ぶことが大切です。葬儀の形として最も良く知られているのが、従来からある家族や親戚の他、知己や親交のある人、地域の人など多くの人に参列してもらう「一般葬」です。多くの人に参列することから、遺族は葬儀の代表として式を滞りなく執り行うために一時的に負担が生じますが、ただしそれでも故人の死を広く知ってもらうことができます。長く地域に在住している場合、このような葬儀の形は縁ある人との円満な人間関係や社会関係においてメリットがあると考えられます。しかし、最近は転勤等で何度か転居したり核家族化であまり人付き合いのない家族が増えてきています。特に大都市間ではこうした家族が多くなり、また高齢化社会で故人も会葬者も高年齢ゆえに葬儀に参列がしにくいという状況が目立ってきているのです。このような状況から、昨今では一般葬にかわり近しい遺族だけで行う「家族葬」を選ぶ人が増えています。家族葬は文字通り、故人の家族もしくはごく親しい人を交えた小規模の葬儀です。基本的に家族だけが集まって行う葬儀だけに、会葬の挨拶等のかしこまった式は行わず、ゆっくり故人と向き合い見送ることができます。また、小規模な葬儀とあって費用の負担が少なめです。