葬儀の流れをチェック【一連のセレモニーを効率よく行う】

安心して任せられます

葬儀

適正な規模で行いましょう

葬儀は故人の宗派により儀式の方法が異なります。最近では無宗派の人もいますが、先祖代々の墓がある菩提寺に生前から確認しておいたり、万が一の時には親戚の人へ問い合わせて、枕経や戒名についての相談をしなければなりません。世田谷区で葬儀を挙げる場合には、式場や祭壇、棺や供花といった葬儀費用と他に、駆けつけてくれた参列者へ振る舞う料理の準備、お布施や返礼品などの用意が必要です。あらかじめ世田谷区の葬儀社へ相談しておくことで、予算に応じた規模の葬儀を行うことができます。世田谷区の病院で亡くなった場合には寝台車で自宅まで搬送し、仏間や和室に安置してもらいます。その際には北側に頭を向け、香炉や燭台を用意して身内だけで枕飾りの儀式を行います。その後、喪主になる人は世田谷区の葬儀社と打ち合わせを行い、場所や規模、仏式や神式といった宗派の違いによる形式を確認します。僧侶へ読経の依頼もする共に、通夜の前までに納棺の儀式を行います。納棺する前には体を清めてもらい、準備した棺へ納めていきます。通夜は遺族が集まり、故人と別れを惜しむ儀式です。参列者には料理を振る舞ったり、弔電や香典の管理も行わなければならず、あらかじめ親しい人に手伝いの依頼をしておくと助かります。告別式は友人や職場関係者など故人と親しい人たちとの別れの場となります。より多くの参列者に見送ってもらえるよう、世田谷区の葬儀社へ生前から相談をしておくとスムーズに事が運びます。